はじめに庭一のお仕事携帯de更新喜界島料金・お問合せその他竹垣庭一アイテム考え方けん子供平日
鹿児島県喜界島出身の庭人(にわんちゅ)のつぶやき。
--.--.-- --
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
2017.04.16 Sun
おはようございます庭一です。


おチビ達はそれぞれ進級し、桜が咲きはじめ、4月にはいった瞬間に物事・世間が凄いスピードで動いているように見え、少し焦りを感じています。

色んな事を想定しながら、色んな人を思い浮かべながら、・・・・・・。

サクラ以外の庭木達のお花も綺麗ですよ。

エリナカスケード(写りが悪くてごめんなさい)
IMG_20170416_35859.jpg

朝倉山椒
IMG_20170416_12831.jpg

ジューンベリー
IMG_20170416_2768.jpg

桜の花びらがひらりと少年の頭に。
IMG_20170409_15453.jpg

雨が降ると花びらがくっついて大変な事に。
IMG_20170416_39665.jpg

出来る事から一つずつ、それしか方法はないのかな
スポンサーサイト
2017.03.31 Fri
こんばんは庭一です。

近場では無くても、少し足を延ばせば有り難いことにお仕事がありました。

車で約2時間30分、1泊2日、けんと一緒に庭一の兄貴分の住む群馬県でお仕事です。

今回は幼稚園の樹木の手入れをしました。

手入れ前のヒマヤラスギ
IMG_20170331_52127.jpg

手入れ後
IMG_20170331_0645.jpg

仕事の後はお洒落な車で温泉で汗をながしました。
兄貴分のせっかくのはからいではありましたが、庭一、湯船につかるのが苦手でせいぜい2分位がBEST。今回は頑張って10分位浸かっていたら心臓の鼓動があきらかにはやくなっているのがわかりました。

庭一「すいません、先に上がってまってます」

けん「早いですね(笑)」

兄貴分「もうあがるの(笑) 南国の人だからかな?俺は後2回位浸かってから出るよ」

心臓のバクバクはなかなか収まらず、10分も浸かっていたのにむしろ寒い位に。

IMG_20170331_13255.jpg
IMG_20170331_53526.jpg


異変が続く身体をいつも通りにしてくれたのは、ビールと焼き鳥でした。

IMG_20170331_40469.jpg

そして全然・全く行きたい訳ではなかったのですが、どうしても行こうという誘いに断りきれなかったガールズバーで庭一の身体は近年まれにみるベストコンディションに仕上がりました
IMG_20170331_31327.jpg

天気にも恵まれて、仕事・食事・語りと有意義な2日間でした。

こちらは赤城山です。
IMG_20170331_21181.jpg
2017.03.28 Tue
こんばんは庭一です。

雨降りの日曜の夕方、だらだらしていた我が家はその瞬間・襟を正しテレビをみていました。

まさかの2連勝。

横綱が自分を信じ、親が子供を信じた結果凄いことがおきてしまいました。

着物を着た夜光巻き姿の淑女がガッツポーズをし、砂かぶり席で観戦していた紳士が興奮しながら立ち上がり、勝負審判の親方が手をたたき、茶色の半纏を着た東西会の人達が嬉しそうな顔をしながら拍手をし、会場のお客さん達が座布団を投げる事すら忘れてしまった位、胸を打つ優勝でした。

自分が自分の事を信じる
親が子を信じる

痛みに耐えてよく頑張った
感動した

IMG_20170328_57371.jpg

庭一部屋
IMG_20170328_17930.jpg
IMG_20170328_27809.jpg
IMG_20170328_995.jpg

ピンクシャンデリアの花が咲いていました。
お勧めの低木です。
IMG_20170328_2695.jpg
2017.03.22 Wed
お久しぶりです庭一です。

あー忙しくない。
超ー忙しくない。

ただでさえ庭一にとって3月は仕事の量が少ない月、追い打ちをかけるかけるように10日間位予定していた現場がキャンセルに。

動かなければ現状維持。

知り合いの植木屋さんに電話したり、お客様に連絡したりしたが20人工をうめるには程遠い。

出来る事から・・・・・。


免許だな。

と、いうことで今回受講してきたのは「ロープ高所作業」という特別教育の資格です。
試験は無く、知識・法令などの学科が4時間、実技・点検などが3時間、受講料+テキスト代9540円で資格がもらえます。

ロープ高所作業の定義
高さが2m以上の箇所であって作業床を設けることが困難なところにおいて、昇降機具を用いて、労働者が当該昇降器具により身体を保持しつつ行う作業

植木屋で例えると、2m以上の樹木の手入れの時にロープ・昇降機を使い身体を保持する、そんな感じです。

受講者には植木屋以外に電気屋・窓ふき屋・舞台の美術担当などの方がいたみたいです。

幅広い職種・多種多様な器具等、講師の先生も模索しながら、今の状況にあった方法を解説しているみたいでした。
IMG_20170322_39793.jpg
IMG_20170322_33920.jpg


実技では普段とは違う器具に皆さん四苦八苦している様子でした。
IMG_20170322_49454.jpg

誰だって怪我はしたくないとおもいます。
自分のミス・他人のミス・気候の急変・道具の破損・体調の急変等、その時に備え怪我を最小限に抑えられるように、確認・点検の大切さを改めて感じさせられました。
IMG_20170322_41155.jpg

普段の使用している道具
IMG_20170320_7572.jpg




2017.03.05 Sun
こんにちは庭一です。

現場で、職人さん達がはしゃいでいました。
「知ってる、知ってるその漫画」
「覚えてるよその番組」
歳が近く、お国が近ければ、共通なキーワードが多々みつかりますが、歳が離れ・お国が遠いとなかなか会話が続きません。

庭一「小さい頃の記憶ですが、鮮明に覚えているフレーズがあるのですが。何の番組だったかは忘れました。」
   「暗いと不平を言うよりも、すすんであかりをつけましょう」
   「知ってます?」
40代中国地方出身の職人さん「あー、それ知ってる。何の番組だったかな・・・」
50代東京生まれの親方さん「何それ。暗いと不平を????」
庭一「たしか日曜の朝の番組で暗いとのフレーズのあとにチャ・チャ・チャー的な音楽が流れてたような記憶があります」
50代親方「あーそれ知ってる、今の寺小屋(日曜早朝番組)みたいな番組だよ」
30代九州出身の職人さん「私はラジオで聴いた記憶があります。」

便利な世の中でスマホがおじ様達の「もやもや」をすぐに解決してくれました。

『心のともしび』(こころのともしび)は、宗教法人カトリック善き牧者の会によるカトリック系布教番組。ラジオとテレビ、インターネットで放送され、半世紀以上の歴史がある。(ウィキペディアより)



こちらはなんとか思い出した、小さい頃によく食べていたラーメン。東京では見かけないので喜界島から送ってもらいました。たしか5円玉の当りがあったような・・・。
IMG_20170306_47579.jpg

まだまだ遠い記憶楽しめそうです。
サンシュユの花が咲いていました。
IMG_20170305_0624.jpg
Template by まるぼろらいと
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。