FC2ブログ
はじめに庭一のお仕事携帯de更新喜界島料金・お問合せその他竹垣庭一アイテム考え方けん子供平日ラグビー
鹿児島県喜界島出身の庭人(にわんちゅ)のつぶやき。
2020.09.13 Sun
おはよございます庭一です
台風の影響なのか、突然の雷雨に悩まされた一週間でした
暑い日は続いていますが、日が暮れるのが早くなったり、朝晩は涼しくなったりと秋の気配も感じられる今日この頃です


こちらは都内のお寺さんでの一枚です


お庭の模様替えの為に層塔をばらしている様子です 

1番重い部分で200キロ位の重量、機械が境内に入らない為に、三脚を使用し、1日がかりの大仕事となりました
基礎をはつるのにも一苦労


はつったガラを棄てるのにも一苦労
適材適所の道具や機械の重要性を痛切にかんじ、知恵と工夫で何とかなる事を改めて実感しました

工事の様子は改めて報告します


我が家の祝いの席は決まって手巻き寿司なのですが、今回は主役が浮気いたしまして、ちらし寿司となりました


お米5合・エビ・イクラ・たまご・マグロ・枝豆・桜デンプン・すし太郎
お味はご想像通りです
超まいうー
11歳おめでとう





スポンサーサイト



2020.09.06 Sun
こんにちは庭一です
台風10号が我が故郷、喜界島に大接近
台風慣れしている島人も今回は体育館などに避難するほど
最大瞬間風速80m
予測進路では直撃、凄く心配でした
お昼頃、母親から大丈夫だったとの連絡がありました
ひと安心です


今シーズン最強の
ここ数年で1番凄い
10年に一度あるかの
50年に一度の
過去最高クラスの
記憶に無いほどの
アナウンサーの文言が年々とレベルアップしています

これ以上の文言は想像したくない


勢力を保ったまま北上しているもよう
最小限の被害を願っています


脱コンクリート・オーシャンビュー・時刻通りの発着
自然に寄り添う
人間に合わせる


月並みですが「自然との共存」これに尽きると思います















2020.08.24 Mon
庭一です 


22歳の時に、田邊の親方に頂いた半纏
袖を通すと一人前では無いけど、一丁前になった気がした


移動の時、作業の時、飯の時、買い物の時
色んな人の視線を感じながら、恥ずかしくも誇らしくもありました
 
そんな思い出が沢山詰まった半纏に10数年振りに袖を通しました
出来れば違う場面で着たかった


突然の連絡にただ驚くばかり


おこがましいが何か出来なかったか考えた
お礼の言葉
感謝の言葉
現場のお手伝い


今でも強烈に思い出す一言
「久永は羨ましいよ、今から色んな事を覚える事が出来て」
半人前の自分に皮肉&激励を込めた一言
親方の石組みにただただ感激し、少しでも近づきたいと思って作業していました
石の声はまだきこえません

30年後も聞こえる自信はありません

けど、何かは親方に少しでも近づける用にこの仕事を続けていきます

お疲れ様でした

お世話になりました

ありがとうございました
今でも親方の気配を感じながら、仕事をしています
2019.02.13 Wed
こんにちは庭一です。
テニスコート場付近での出来事
めんこいJKが満面の笑みを浮かべながら帰宅途中のイケメン君に勢いよく近づいていき、紙袋をわたしました。
イケメン君は真っ赤な顔で「ありがとう」と言いながらぺこりとおじぎ。
めんこいJKは弾むような足取りで遠目で見ていた友達らしきJKのもとへ。
明日はバレンタイン。
絶対にチョコ。
う、う、う、羨ましいぞーイケメン君。
青い春と書いて青春(せいしゅん)
•夢や希望に満ち生活のみなぎる若い時代を、人生の春にたとえたもの。
同じような感じで
痛い風と書いて痛風(つうふう)
•尿酸が体の中にたまり、それが結晶になって激しい関節炎を伴う症状になる病気。
まだ、流行っているかなぁー、ちょい悪おやじ。
40歳4児のパパ、よそから見たら完全に大人。
剃ってないだけのヒゲ・下ネタ・女子に興味深々・・・・・・ただ悪いだけか。
頑張れー俺。
負けるなー俺。
打倒、イケメン君。
目指せキンプリ。
おしまい。
2019.01.14 Mon
おはようございます庭一です。
世の中には説明ができなくても、なぜか納得できる似合う事柄があると思います。
例えば、
たばこ屋におばあちゃん
不良と可愛い女子のカップル
トイレに格言カレンダー
マッチョとタンクトップ
麦わら帽子・日焼けした小学生・虫カゴの3点セット
猫と陽だまり
大阪の男性にセカンドバック
庭一にワイングラス 
などなど
亡き祖父が常に言っていました。
「男子は髪が耳にかかったら床屋に行けと」
生後5ヶ月の赤ちゃんを受け入れてくれる床屋さんは無く、そこで父ちゃんの出番。
バリカンで3ミリ。

出来上がり。
幼児に坊主、最高に似合うと思いませんか。

こちら一年の3分の1位一緒に仕事をしていた通称まっちゃん。
一つ歳上の九州男児は、自分を貫くため、鳥かごから大海原へと羽ばたいていきました。

まっちゃんには大きなリュックが良く似合う。
また、いつの日か。
Template by まるぼろらいと