FC2ブログ
はじめに庭一のお仕事携帯de更新喜界島料金・お問合せその他竹垣庭一アイテム考え方けん子供平日ラグビー
鹿児島県喜界島出身の庭人(にわんちゅ)のつぶやき。
2018.05.09 Wed
こんばんは庭一です。
子供の日の前後の我が家のお約束。
お絵かき代・額縁代、合わせて9000円位とのこと。
image1 (11)
image4 (8)
3人とも健康でなにより。
西荻窪駅のちかくにある中華屋「坂本屋」のカツ丼。
image3 (7)
下のおチビは全部たべれませんが、800円×5人。
外食した時に毎回おもいます。
チビ達が一人前の量を食べれる事の嬉しさ・それにともなう財布への負担。
おチビたちへ、これからも子育て楽しませてもらいます。
スポンサーサイト



2018.04.08 Sun
おはようございます庭一です。

6日の日に末っ子Jの入学式がありました。

今回も先頭を確保。可愛いJの姿を一番良いであろう場所から撮影するつもりでしたが、2年前には無かった張り紙が。
「式場での撮影は禁止します」
プライバシー保護ってやつです。
式の開始冒頭、司会の副校長先生(今では教頭先生と言わないらしい)が口頭でもお願いしていましたが・・・・・・・。

やはり撮っている人が・・・・・・・。

やったもの勝ちのこの世の中。

僕は脳裏に焼き付けときました(3日絶ち、すでに脳裏から薄れていますが

少し味気ない看板と少し不機嫌なピカピカの一年生
image2 (6)

ピカピカ頭時代のJ(右)。
image1 (9)

Jへ
健康第一、遊びに・勉強に・ラグビーに・愛に・恋に・全力で体当たりしてください、人生は一度きりです。

「青だから渡って良いわけではないぞ。車が来ないか確認して、小さいお前たちは手を挙げて皆にアピールしながら横断歩道を渡りなさい」
交通ルール
会社でのルール
家庭でのルール
相手・他の人を思いやる気持ちが大切です。わかるかなJ君。
image3 (4)

大好きな花ドウダンツツジが咲いていました。
image4 (5)

お勧めのエリナカスケード。
image5 (3)

ミツガシワ。
image6 (3)

2018.02.13 Tue
こんばんは庭一です。
昇仙峡から車で約45分、くねくね山道を通り抜け、リンゴやブドウ畑を見渡しながら車を走らせていると、突如不思議な空間が現れてきました。
image2 (1)
第2の目的地「ハイジの村」に到着です。
私たち世代(40歳前後)の方はテレビでおなじみ、現代っ子はCMでお馴染みのあの「ハイジ」のテーマパークです。
寒い時期は入場料が無料で入れるとの事。
それらしい立派な建物。
image7.jpeg
仲良く一枚。
image4 (1)
こちらは食用ではないメェー。
image2.jpeg
頂上がハイジのお宅(意外と豪邸?)
image9.jpeg
ワラのベット。
image8.jpeg
メニューの写真とは少し違った「何とか豚の何とか」。
image1 (1)
寒ければお得な事があるそうです。
店員さん曰く「今朝はマイナス11度でしたので50%引きです」
image1.jpeg
温かくなればバラなどの花が楽しめるそうですが、この時期は正直物足りない感じは否めませんでした。
地元の企業が山梨県から委託を受け、管理運営を行っているそうで、結婚式などにも使用されるそうです。
クララ館(関連施設)にてイチゴの食べ放題。
せいぜい30個が限度でした。
image3.jpeg
ガソリン代5000円
高速代5000円
食事代5000円
イチゴ代5000円
合計 20000円
6時30分出発
15時帰宅
山の次は海
次は千葉辺りかな。
2018.02.12 Mon
こんにちは庭一です。

妻の思いつきで山梨に行ってきました。
朝6時30分、出発。
8時30分、目的地の昇仙峡に到着。
車を降りた瞬間・・・・・・・・。
寒い。さむい。サムイ。
東京の寒さが恋しい位の寒さ。

約1時間のお散歩
ド迫力の自然に只々圧倒され、いつの日かに備え、その姿をできるだけ頭に焼き付けました。

image13.jpeg
image11.jpeg
image10.jpeg

こちら、植木屋さんの目線からだと超しびれる位、かっこよく育っている自然のアオダモ。
image12.jpeg

赤の部分の曲がり、そして緑の部分の直線、生命の力強さがヒシヒシと伝わってきます。
石組などで植栽する時にお手本になるパターンだとおもいます。
image1 (2)

その2に続く。
2017.11.12 Sun
おはようございます庭一です。
パスワード・ID・暗証番号に苦戦し、自分の記憶力&適応力にうんざりしている日曜の朝、皆様はいかがお過ごしでしょうか?
指紋・顔認証などの多様にわたる早期実用化、切に願っています
3番目のおチビさんの待ちに待った学習机がきました。
image1 (15)
組み立てられたそばから、おもちゃ箱に詰めこんでいた本などを取り出して、満面の笑みでのお引っ越し。
image2 (12)
「俺の机に触るな」と早速、兄貴と小競り合い。
ピカピカの引き出し
image3 (8)
小2男子の引き出し
image4 (7)
小4女子の引き出し
image5 (7)
年相応の引き出し達です。
J君、いずれあんな本も隠すようになるのかな~
image7 (5)
ちなみに庭一は高校生の時にあんな本をタンスの上に隠し母親に見つかったことがあります
そんな僕は先週2時間かけて刃物砥ぎにいそしんでいました。
image6 (7)
Template by まるぼろらいと