FC2ブログ
はじめに庭一のお仕事携帯de更新喜界島料金・お問合せその他竹垣庭一アイテム考え方けん子供平日ラグビー
鹿児島県喜界島出身の庭人(にわんちゅ)のつぶやき。
2016.08.28 Sun
おはようございます庭一です。

防風林とは風(地方風・季節風・台風)に備える防災林の一種。樹種としてはポプラ・スギ・クロマツ・カラマツ・イヌグス(タブ)・フクギ等。

喜界島では台風による塩害に備え、海岸沿いに萌芽力の強いモクマオウが植えられています。
IMG_20160819_46554.jpg

こちらは高潮などに備えての防波堤工事。
IMG_20160819_22180.jpg

沖防で釣りを楽しむ、おじさん1。
IMG_20160819_9935.jpg

おじさん2.。
IMG_20160819_57281.jpg

おじさん1、浮きが沈んで大興奮
IMG_20160819_47363.jpg
釣れた魚は沖縄の県魚、グルクンです。釣り上げた時の色は真っ青でした。
IMG_20160819_38960.jpg

1時間位で赤色に変わりました。
IMG_20160819_38517.jpg

庭一は2日間で1匹だけ
その貴重な1匹を大切に持ち帰り、母親に調理してもらいました。

お刺身。プリプリの歯ごたえと慣れ親しんだ甘い醤油に大満足。
IMG_20160819_17275.jpg

素揚げ。焼酎のロックを片手に、バリバリと音をたてながら、少しだけ付いている身を有り難く食す。超まいう~
IMG_20160819_57342.jpg

刺身・刺身・刺身の幸せな日々。
IMG_20160819_2670.jpg
IMG_20160819_29265.jpg
こちらは皆様ご存知のヤギ刺しです。
IMG_20160819_58628.jpg

こちらは開放的なトイレ。
IMG_20160819_45638.jpg

時には恐ろしいほどの力を見せつける自然ですが、人間が勘違いさえしなければ、沢山の楽しみ&喜びを場を提供してくれることを改めて実感しました。
スポンサーサイト



2016.08.24 Wed
皆様こんばんは庭一です。

今日ご紹介するお料理は青ブダイのお造りでございます。

まず、30センチ位の青ブダイを用意し、内臓と鱗(うろこ)をとります。青ブダイが無ければ赤ブダイでもかまいません。
IMG_20160819_10138.jpg

次に3枚おろしにします。
IMG_20160819_021.jpg


湯引きをします。火傷には十分ご注意ください。
IMG_20160819_47185.jpg

お湯をかけたらすぐに氷水につけます。氷水につける事で身と皮が締まり、歯ごたえの良いプリプリのお造りに仕上がります。なおここが本日のポイントとなります。
IMG_20160819_35429.jpg

水気を拭き取り、少し厚めに切り完成です。
IMG_20160819_11533.jpg

お勧めとしては捕りたてを、他人に調理してもらい、昼間からビールを呑み、冷房の効いた部屋、もしくはガジュマルの木陰で潮風を感じながら、酢味噌を付けて食べてください。
超マイウーです
IMG_20160819_20977.jpg
IMG_20160825_49483.jpg

南国の魚特有のクセがあります。刺身が苦手な方には、フライなどの熱を加えた調理法をおススメいたします。

※注意
青ブダイの内臓等には「パリトキシン」という猛毒が含まれているそうです。フグの毒の40~80倍。自己責任でご賞味下さい。




2016.08.20 Sat
お久しぶりです庭一です。

我が故郷、「喜界島」で1週間、おちび達とを満喫していました。

同級生にお願いし、追い込み漁を体験。
IMG_20160820_1170.jpg

集合場所に到着したと同時に、作戦会議が始まる。

ボス(65才位)
「俺とこいつが網を張るから、お前とお前は岸側で魚が動かないようにしておけ。」
「俺が合図をしたら網まで追い込め。」
「お前は、魚を入れる網を持っとけ。」

庭一      「自分達は何を・・・・」
ボス      「お前達は皆の後を泳いどけ。絶対に俺の右側(岸)を泳ぐなよ。絶対に網の内側には入るなよ。」

20年振りにマスク・スノーケル・フィンの完全装備。
意気揚々。
IMG_20160819_40549.jpg

ボスとその一味の後ろを必死で泳ぐこと約2時間。
何度も皆を見失い、何度も友人に軌道修正され、何度も鼻に海水が入り、何度か足がつり、ボロボロの庭一。
こんなはずではなかった。あの頃(10代)は・・・・・・・・・・。
何の手伝いも出来ずに、只々、無力感。

南国特有のカラフルの魚達。
IMG_20160819_25636.jpg

ボス  「今日は駄目だったなぁ。」

すみませーん。 

海で鱗と内臓をとります。
さすがの庭一もこれ位はお手伝い。
IMG_20160819_2816.jpg

こちらは心臓。
IMG_20160819_9687.jpg

こちらはカワハギの肝。
IMG_20160819_56689.jpg

リュックサックの中は魚だらけ。
IMG_20160819_39699.jpg

潮だまりにいた1匹の逃げ遅れた小魚を手に取り
「可哀そうに」と大海原にリリース。
強面ボスの行動・言動に心を打たれた庭一でした。

2016.08.11 Thu
こんにちは庭一です。

調子のよくないチェーンソー。
詳しい職人さんが一言。
「マフラーをちんちんに焼いたら」

職人さん曰く、マフラーを高温で焼くことにより、内部に付いたカーボンがナンチャラ・カンチャラ

ネットなどを参考にとりあえず分解
IMG_20160811_46795.jpg

こちらがマフラー
IMG_20160811_4160.jpg

ちんちんになるまで焼く
IMG_20160811_22659.jpg

熱したマフラーを叩くと、すすが落ちてきました
IMG_20160811_38856.jpg

約2時間の作業。
結果としてはなんとなく調子が良くなったような。 
IMG_20160811_52343 (1)

何事も経験。
 
こちらもお初。
商品名「ケイピン」
爪楊枝の様な形状で頭の黄色い部分が除草剤になっています。
IMG_20160811_5356.jpg
爪楊枝をつるの中に突っ込む。(今回はヤブガラシ)
IMG_20160811_47232.jpg
効果が楽しみ。
2016.08.07 Sun
おはようございます庭一です。

枯れ枝除去作業
こちらの木、10mのはしごで登り、そこにさらに8mのはしごをセットし、その先は気合で登る位の高さ。
IMG_20160807_6609.jpg

高所での作業・チェーンソー使用、失敗は命に関わる、自分が枝を下さないと下の数人の職人が遊んでしまう、そんな条件の下、緊張の連続で1時間位作業をしていると、だんだんと喉がからからに。

水分を補給したいが、下からは次々に指示が。

5分後、なんとなく手がしびれてるような。下からは相変わらず指示が。

10分後、なんとなく足がつっているような。下からは相変わらず指示が。

その後、意識が飛んでいくような。下からは相変わらず指示が。

20M所で、お日様に照らされながら1時間以上作業している人と、20Mの巨木の木陰で作業している人には体力的に相当な違いがでます。

その後も指示がでましたが、お断りしました。
下から冷ややかな目線が・・・・・・。

意識が無くなる前に、勇気をもって心を折りました。
「もう、駄目だ。」
職人の心意気は義理と人情とやせ我慢。
職人の常識は怪我と弁当、自分持ち。

我慢の限界でした。

撤退・転進・惨敗ではなく英断だったと自負。

なんとか地上にたどり着き、お水を口に
まいうー
20分位休憩し何とか復活。

その日は、なんとか・かんとか、のりきりましたとさ。
おしまい。

食欲のない時はこれにかぎります。
チキン・ナン・ラッシー。
どこのカレー屋に行っても、お決まりのオーダーです。
IMG_20160807_24875.jpg

こちら杉並のお寺さん
IMG_20160807_51167.jpg

IMG_20160807_18228.jpg

IMG_20160807_48430.jpg


池には鯉や金魚
IMG_20160807_27257.jpg


なんとチョウザメまでも
IMG_20160807_34147.jpg

今回は特別枠で池の近くまで行けましたが、一般の方は遠目で見る様です。



変わり朝顔がさきました。
IMG_20160807_25314.jpg

こちらは小学1年生の観察用のアサガオ。
IMG_20160807_15386.jpg


畑のブルーベリーが食べごろです。
IMG_20160807_3689.jpg








Template by まるぼろらいと