FC2ブログ
はじめに庭一のお仕事携帯de更新喜界島料金・お問合せその他竹垣庭一アイテム考え方けん子供平日ラグビー
鹿児島県喜界島出身の庭人(にわんちゅ)のつぶやき。
2017.08.27 Sun
おはようございます庭一です。

喜界島でのお話。

祖母(故)の妹(まさオバー)が暮らしている施設におチビ達といってきました。

ベットで横になっていた、まさオバーは職員の方に起こしてもらい、庭一に気が付くと嬉しそうに握手を求め・横に座るように庭一の腕を力強く引っ張りました。

そして涙。
まさオバーは涙腺が弱くすぐに泣いてしまいます。

姉(庭一の祖母)との思いでが蘇るのか、昔のおもいでを語ってくれました。

また涙。

庭一も亡き祖母の姿を重ね合わせ、・・・・・自然に涙が。

「一歩・一歩、歩いてきたら、いつのまにか100まで生きていたよ」

その人生にはもちろん戦争での悲しいことも含まれているだろう。

続けて衝撃の言葉
「何でウヤフジ(ご先祖)は、こんなになるまで迎えに来てくれないんだろう」
また涙。

老いに対してのまさオバーの正直な気持ちだと庭一は解釈しました。

「けど今日はたかみち君に(庭一の名前)会えて本当に良かった」
また涙。

まさオバー、嬉しいこと楽しいことこれからも沢山あるよ。
また遊びに行くよ。


施設の入口
image8 (2)

日本最高齢の田島ナビさんを10秒位伺う事ができました。
寝ている様でしたが117歳のオーラは半端ではないです。

国宝の仏像をみているような感じ(見たことないけど)。

話はかわります。
海辺にてラグビーの練習
image5 (4)

「一歩・一歩」、深いなぁー。
スポンサーサイト



2017.08.20 Sun
こんばんは庭一です。
5日間の帰省。
ゆっくりできた様なそうでもない様な・・・・。

島を出て20年、驚くほど変わらない光景がそこにはありました。

image11.jpg
image7 (2)
image3 (4)
image2 (7)
image9.jpg
image1 (8)

暑さを期待していきましたが、やはり暑い、その一言につきます。
何もしなくても汗がジワリ
image5 (3)
暑さに負けずに泳いだオチビは一丁前に日焼けなどしています。
image3 (2)

こちらは我が家での宴会の模様。親戚のおじちゃん・おばちゃん達、見慣れた光景ですが、やはり皆様お年を召されました。
時は流れていますよね、庭一も3人の子供の父親なのだから。
image8 (3)
2017.08.20 Sun
こんばんは庭一です。

合コンしたの何年振りだろうか。
思い出せない位遠い記憶。

庭一と友人T、お相手は容姿・気質共に男勝りの1つ年上の女子2人。

農業とは、無農薬とは、豚とは、ヤギ料理とは、男とは、女とは・・・・。

夢の島で、夢のような時間。

image1 (10)

誰がなんと言おうと合コンです。
2017.08.13 Sun
おはようございます庭一です。
植木屋が良いと思っている「事・物・技」などを、お客様も良いと思ってくれたら幸いですが、そうでなければ独り善がりになるのかと。
一番よくあるケース
植木屋の思い 植木のためを思って枝数を多めに残した手入れ
お客様の声   すぐに伸びるからばっさりと切ってくれ
植木屋の考え この時期そんな手入れをすると木にダメージが
お客様の現実 秋になると落ち葉が凄いのよ
閑静な住宅街にある個人邸の石張りの園路。
image7 (1)
石の素材・石の使い方・目地の通り・そして目地の深さ、見事な仕事だと思います。
職人さんの想い 目地の通り・深さ・幅でその素材を十二分に活かして、美しい園路に仕上げた
お客様の現実  石と石の間が狭く、溝も深いから掃除をする時にゴミや箒が引っかかって大変
高みを目指したいが今までの高みが今の高みか考慮しなければ。
しかし、絶対に言い訳にならないように。
2017.08.11 Fri
おはようございます庭一です。

植木の仕事に携わって18年。
勉強不足、次から次へと現れます。

君の名は その1
7月中旬の写真
こじゃれたマンションに植えられていました
背丈は1m位
image8 (1)

君の名は その2
7月中旬の写真
公園
10Mオーバー
トネリコという説も
image2 (3)
image1 (4)

こちらからは名前がわかった君たち。

君の名は
テンダイウヤク
境内にて
image2 (2)

君のは
シャシャンボ
境内にて
小さな白い花が超可愛い
image1 (3)

調べる・人にきく・SNSを利用する、、、、ご協力宜しくお願いします。


「君の名は。」レンタルが開始しているみたいなので観てみようかな。


おチビ達喜界島に~。
50年に1度の大雨、「自然の凄さ」、身をもって体験できたのでは。
image6 (2)




Template by まるぼろらいと