FC2ブログ
はじめに庭一のお仕事携帯de更新喜界島料金・お問合せその他竹垣庭一アイテム考え方けん子供平日ラグビー
鹿児島県喜界島出身の庭人(にわんちゅ)のつぶやき。
2017.08.27 Sun
おはようございます庭一です。

喜界島でのお話。

祖母(故)の妹(まさオバー)が暮らしている施設におチビ達といってきました。

ベットで横になっていた、まさオバーは職員の方に起こしてもらい、庭一に気が付くと嬉しそうに握手を求め・横に座るように庭一の腕を力強く引っ張りました。

そして涙。
まさオバーは涙腺が弱くすぐに泣いてしまいます。

姉(庭一の祖母)との思いでが蘇るのか、昔のおもいでを語ってくれました。

また涙。

庭一も亡き祖母の姿を重ね合わせ、・・・・・自然に涙が。

「一歩・一歩、歩いてきたら、いつのまにか100まで生きていたよ」

その人生にはもちろん戦争での悲しいことも含まれているだろう。

続けて衝撃の言葉
「何でウヤフジ(ご先祖)は、こんなになるまで迎えに来てくれないんだろう」
また涙。

老いに対してのまさオバーの正直な気持ちだと庭一は解釈しました。

「けど今日はたかみち君に(庭一の名前)会えて本当に良かった」
また涙。

まさオバー、嬉しいこと楽しいことこれからも沢山あるよ。
また遊びに行くよ。


施設の入口
image8 (2)

日本最高齢の田島ナビさんを10秒位伺う事ができました。
寝ている様でしたが117歳のオーラは半端ではないです。

国宝の仏像をみているような感じ(見たことないけど)。

話はかわります。
海辺にてラグビーの練習
image5 (4)

「一歩・一歩」、深いなぁー。
関連記事
スポンサーサイト



管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://201niwa1.blog.fc2.com/tb.php/581-894523ab
Template by まるぼろらいと