FC2ブログ
はじめに庭一のお仕事携帯de更新喜界島料金・お問合せその他竹垣庭一アイテム考え方けん子供平日ラグビー
鹿児島県喜界島出身の庭人(にわんちゅ)のつぶやき。
2018.07.08 Sun
おはようございます庭一です。

先日のお話です。

学童の懇親会の帰り道、妻のスマホに先ほどまで御一緒していたママ友よりメールの送信がきました。
「庭一家の前の木が倒れて道を塞いでいるよ」

22時、完全に酔っ払っている四十路のおじさんですが、植木に携わること約20年・一通のメールを見た瞬間から植木屋としての血が騒ぐのが手に取る様にわかりました

何かを期待しながら現場を探す事10秒。
我が家の棟の目の前の桜の枝がブラリ状態。
image4 (14)

野次馬は我が家の5人だけ。

作業の手順・道具等が次々と頭の中を駆け巡る(福沢諭吉さんもチラっと顔を出す

妻110に電話

近所の人もちらほら出てきて少し賑やかに

15分後お巡りさん到着
45分後管理会社の監督さん到着
その頃にはお祭り騒ぎ
image5 (10)

1時間後真打登場
軽トラで颯爽と現れた作業着の職人さん
「危ないからどいて、近づかないで」
22時過ぎてアルコールを摂取していない職人がこの世の中に、こんな近くにいるものかと疑う庭一。

作業開始

職人・監督さんで「あーでもない・こーでもない」

正直言います、下手くそチャンでした

庭一心の声・そこで切ると枝が~
案の定、枝がひっかかる。

庭一心の声・そこから切るとチェーンソーが~
案の定、くってしまう(枝の重みでチェーンソーが挟まり動かなくなる状態)。

庭一心の声・そのロープで引っ張ったら~
案の定、ロープが切れる

ひやひやしながらみている庭一におチビが一言「父ちゃん植木屋なんだから手伝ったら」
一応、監督さん・職人さんに植木屋だという事を申告しましたが軽く無視。

お酒を呑んでいた
迂回路もあり緊急性がなかった
他人の縄張りを荒らすのも
どんな仕事をするのか客観的にみたかった
等の大人の理由で手伝わなかったことを説明。

最後は力ずくの大技で作業を終了させ、住民達から拍手喝采を浴びたヒーローは、「こんな仕事朝飯前だよ」と、平静を装っているように見えました。

image2 (15)

image1 (21)

折れた原因(庭一の見解)
老木(腐食)
強風
植え替え(5日前)で今までとの風の流れが変わった
image2 (16)

何はさておき、けが人・物損など大事に至らず良かった。

桜の木は日本人にとって特に思い入れが強い樹木。

残すのはとても大事・新しくするのはとても重要、改めておもいました。

ヒーローとその一味がこのブログを見ないことを切に願います。

関連記事
スポンサーサイト



管理者にだけ表示を許可する

TrackBackURL
→ http://201niwa1.blog.fc2.com/tb.php/605-baedad15
Template by まるぼろらいと